http://www.nt-sys.jp/

多点観測型ワイヤレス地電位差観測システム GLOG-2012

  • HOME »
  • »
  • 多点観測型ワイヤレス地電位差観測システム GLOG-2012

多点観測型ワイヤレス地電位差観測システム GLOG-2012

  • 24bit AD 2CHの地電位差測定
  • 複数の子機で地電位差を観測し親機に無線送信
  • 親機は3G通信でデータをクラウドにアップロード
  • 太陽電池で動作
  • 防水型筐体

 本システムは、携帯電話モジュール(3Gモジュール)を内蔵した親機1台と地電位差を測定する複数台の子機で構成されています。子機は2チャンネルの差動型AD入力を持ち、測定データを定期的に親機にXBeeモジュール(ZigBee規格)を使ってワイヤレス送信します。親機は携帯電話網(3G)を通じてクラウドストレージに測定データを定期的にアップロードします。

 両機ともLiPoバッテリーを内蔵し太陽電池で充電をします。外部USB電源から給電および充電することも出来ます。省電力化のためにXBeeモジュールや3Gモジュールを必要な時だけ電源ONします。またLCD表示のOFFも出来ます。

 子機は10分毎に2チャンネルの地電位差を24bitAD変換して1時間毎にXBeeモジュールの電源を入れて親機に送信します。親機は3Gモジュールを使いクラウドストレージ(xively.com)に測定データをアップロードします。ユーザーはWEBからクラウドスにアクセスすることで最新のデータを数値およびグラフで見ることが出来ます。過去のデータをダウンロードすることも出来ます。

 親機、子機共に防水型プラスチック筐体に格納されています。

参考価格 ¥130万〜180万(仕様により変動、親機1台・子機3台の場合)

glog_system.png

システム全体のブロック図(子機3台の場合)

 

GLOG_AP.jpg

親機

 

GLOG_ST.jpg

子機

 

●親機・子機間通信
使用モジュール XBee-Pro ZB
送信電力 10mW
通信可能距離 1.5km 屋外見通し

●データ送信 対クラウド
通信方式 3G携帯通信
通信速度 最大128Kbps

●計測データ(子機)
内容 2CHの電極電圧・温度・バッテリー電圧とタイムスタンプ
測定間隔 10分毎

●クラウドデータ収集サーバー
使用サービス Xively http://xively.com/
●電源システム
付属の太陽電池により内蔵のリチウムポリマー(LiPo)バッテリーに充電が可能
外部DC電源による動作および、LiPoバッテリー充電も可能
3通りの電源入力
 LiPoバッテリー
 太陽電池
 外部DC入力(ミニUSBコネクタ)

GLOGシステムカタログ(PDF)
GLOG親機カタログ(PDF)
GLOG子機カタロ(PDF)

Blog

PAGETOP
Copyright © 株式会社 NTシステムデザイン All Rights Reserved.